月別アーカイブ: 2015年7月

睡眠不足は美肌の大敵です。

睡眠不足になるとお肌も荒れやすく美肌ではなくなってしまいます。

美肌づくりに欠かせないのはまずは十分な睡眠が必要です。

睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌によって、肌のケアはもちろんのこと体全体の調子を整えることができます。

特に、お肌のゴールデンタイムと言われている、22時から午前2時の間に十分な睡眠をとることで、成長ホルモンの働きを促して、美肌へとつなげることが可能です。

しかしながら、忙しい現代社会では、22時に就寝するのは難しい人も多いと思います。

そんな時は眠り始めの3時間をとにかく質の良い睡眠を心がけることで、美肌へとつなげることが可能になります。

質の良い睡眠をとるためには日常のちょっとした工夫で可能になります。

例えば、寝る前ギリギリまで、スマートフォンやパソコンを使用していたり、テレビを見たりしていると、睡眠の質は落ちてしまいます。
就寝しようと考える1時間前にはすべての作業をやめておくことが大切です。

また、寝る直前に食事をしたり、間食をすることも質を下げてしまいます。
出来るだけ早めに済ませておくことをおすすめします。

それに加えて、入浴も睡眠の直前に行うと、眠りにつくまで時間がかかります。
また、高温のお風呂は交感神経を刺激してしまうため、眠りの妨げになります。

睡眠の1時間前までにぬるめのお湯にゆっくりをつかることが一番ベストな入浴の仕方です。

就寝前は副交感神経の働きが優位になるように、リラックスした状況を作ることが大切です。

部屋の明かりを落として、ゆったりとした音楽を聴いたり、綺麗な写真集をみたり、刺激の少ない本を読むなどがお勧めです。

また、アロマセラピーも副交感神経を優位にする香りがあるため、上手に取り入れると良いでしょう。

質の良い睡眠を促すことで、例え短時間しか睡眠がとれなかったとしても、美肌を導くことが可能です。

ともあれ、睡眠不足は本来は起こさないに越したことはないため、出来る限り早めに就寝をして、質の良い睡眠をとることをお勧めします。